要領のいいあの子のナイトワーク体験秘話


小さいころからの夢でした!

小さい頃から将来はキャバクラ嬢になりたいと思っていました。ドラマとかでもキャバクラのシーンになるとテレビに集中していました。求人に応募すると、とりあえずは体入しにきてくださいと言われたので、体入してきました。憧れのキャバクラ嬢になったという実感でかなり感動してしまいました。先輩の女性たちもみんな歓迎してくれたしお客さんたちもいろいろと気を遣ってくれました。こちらがサービスをしなければいけない立場なのに皆にお世話になって申し訳ないなという気持ちもありましたが、とにかくキャバクラ嬢になれたというのが嬉しくて仕方がありません。求人に応募して良かったです。今後アルバイトとして定期的に出勤しようと思っていますが、できれば毎日お店に出たいなと思っています。シフトに関してはこれから交渉していかなければいけないので、相談しながらやっていこうと思います。色々な融通を利かせてくれるお店なのでそれもかなりポイントが高いです。女の子の気持ちをいつも考えてくれる店長で好感が持てます。